読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オータムの雑記

ラーメン二郎と時々ポケモン

【随時更新】暫定ラーメン二郎ランキング

最終更新:2017/03/19

 

今回は、かの有名なラーメン二郎についての記事を書いていきます

 

訪問した34店舗の中でランク付けしていきます(下に行くほど◎)

ランキングとは言っても、これは僕個人の完全な主観によるものであり好みが偏っていることは否めません

また、僕は未だに全店舗をまわることができていません

あくまで参考程度でよろしくお願いしますm(_ _)m

 

また順位とは関係なく、僕が二郎初心者に立地・味・量の要素からオススメする店舗は川崎店・湘南藤沢店・大宮店荻窪店・品川店・ひばりヶ丘です

 二郎各店は営業時間がバラバラなので事前に調べておくことをおすすめします

 

 

それでは34位から

 

~~ここからランクD~~

―34位―

池袋東口店

f:id:Autumn322:20150508011038j:plain

訪店2回

高校生の頃初めて食べた二郎がこの池袋店

スープや豚が全体的に薄味に感じる

良くも悪くも初心者向きといった感じで、交通の便も良いので最初はここからスタートするのもアリだろう

水があまりおいしくないのが残念といったところ

 

―33位―

新宿小滝橋通り店

f:id:Autumn322:20160209205101j:plain

訪店1回

新宿に2店舗あるうちの西武新宿駅近くの方

スープはかき混ぜないとお湯かと思うほどの薄味なので混ぜてください

ヤサイはシャキシャキめで、都心の水で茹でている割に美味しい

麺はモチモチでとても美味しいです

豚のサイズは控えめですが、全体的にかなり初心者向けのでき

交通の便もよく学割もあったりして優良です

 

―32位―

歌舞伎町店

f:id:Autumn322:20161121174625j:plain

訪店3回

新宿に2つある二郎のうち歌舞伎町にある方の店

16年10月にリニューアルし、ボリュームはまあまあに

麺が平均的な太さのモチ麺になったのでカタメコールせずとも美味しくなった

スープとヤサイは変わらず、サックリ食べやすい(悪く言えば薄い)

豚も厚めになり、以前より二郎らしさを増したと言えるか

立地や営業時間も◎

 

―31位―

目黒店

f:id:Autumn322:20150508012950j:plain

訪店1回

注目すべきはその値段 小500円 小豚600円(写真は小豚ニンニクヤサイカラメ)

味は比較的薄めで麺の量も若干少なめ、と思いきや豚増しなら豚の量はかなりのものになる

日曜24時まで営業という、二郎の中でも良心的な営業時間をしており気軽に食べに行くことができる

食べるのが遅いと注意されるという噂があるので初心者は気をつけるべし

 

~~ここからランクC~~

―30位―

神田神保町

f:id:Autumn322:20150508011712j:plain

訪店2回

ネットで評判の良い神保町店

各パーツとても安定しているが個人的にはいまいちピンと来ないもの

豚・麺・野菜ともにかなりの分量があり食後の満足感は素晴らしい

厳しい評価にはなるが、長すぎる待ち時間等の条件を考慮してこの順位に

 

―29位―

相模大野店

f:id:Autumn322:20150907031029j:plain

訪店1回

店主が元力士だという、通称スモジ

店内には丁寧な注意書きや豊富なメニューがそこかしこに貼られていて、店主の几帳面さが伺える

盛り付けもキレイで食欲をそそる

スープは醤油が強めながらそれほどしつこくなく、ニンニクとも非常に相性がいい

ヤサイは若干くたくた、豚はやや大きめでどちらも美味しいもの

生卵とも相性がよく、終盤に卵を落とすことで最後まで"二郎"を楽しむことができた

 

―28位―

府中店

f:id:Autumn322:20150508015043j:plain

訪店4回

神麺

系列随一を誇る極太麺がゴワゴワモチモチとしていて非常に美味しい

個人的に府中店の麺が1番だと思っている

豚はゴロっとしたものが入っているがややパサパサ気味

麺以外のパーツが安定しないためにこの順位だが、一見の価値あり

 

―27位―

JR西口蒲田店

f:id:Autumn322:20150508014143j:plain

訪店1回

2014年11月にオープンした蒲田店(店主は旧鶴見店店主)

二郎にしてはさっぱりめで正統派豚骨醤油ラーメンを二郎風にした、という感じの一杯

ラーメンとして食べやすく、小ぶりな豚も程よい味付けでGOOD

トッピングで唐辛子をコールすることができ、他では食べることが出来ない二郎を味わえるだろう

 

―26位―

仙川店

f:id:Autumn322:20150510233725j:plain

訪店2回

ヤサイから中華系?の味がして、他の二郎にはない味が楽しめる

スープヤサイともに香ばしく、一緒に麺をすすると非常に美味しい

豚はやや大きめのものが2つ入っており、麺の量も相当のものなので、見た目に反してかなりボリューミー

ネットでの評価があまり高くない仙川店であったが、僕としてはとても美味しく満足でした

 

―25位―

新橋店

f:id:Autumn322:20160517020156j:plain

訪店1回

麺はかなり太め スープは醤油と豚っ気が強め ヤサイの盛りは多めと、ややボリューミィ

麺がモチモチとして非常に美味しい スープともよく絡む

豚は細かいが味のよく染みたものがゴロゴロ、程よい満足感

ヤサイにやや不満が残るがそれでも全体で見れば良い出来でした

店内が広いのも◎ ¥100の生とじたまごがオススメです

 

~~ここからランクB~~

―24位―

環七新代田店

f:id:Autumn322:20150930004827j:plain

訪店1回

後述の府中店に引けを取らないレベルの極太麺が特徴の新代田店

ゴワゴワの府中店と比べてかなり柔らかめでスープにもよく馴染む

味付けとしては醤油が強めだが意外にサックリ食べられるかなという感じ

豚はやや小さめではあるが醤油がよく染みていて美味い

現金で韓国のりや生卵、かつお節なども注文できる点も良

 

―23位―

上野毛

f:id:Autumn322:20160826004346j:plain

訪店1回

とにかく店内が暑いことで有名な上野毛

スープは特別熱いというわけでもなく、二郎としてはかなり薄めで醤油ラーメンといった感じ

ヤサイはシャキシャキで、ニンニクもいい香りのするもの

豚の大きさは平均的だが、醤油感が強い

特筆すべきは麺、とても柔らかいのでカタメをコールするとプリプリとしていい食感になります

 

―22位―

千住大橋駅前店

f:id:Autumn322:20150508021247j:plain

訪店1回

アツアツギトギト濃いめのドギツいスープに比較的多めのデロ麺

デロ麺も好きな僕は熱い熱い思いながら夢中で貪りました

豚の大きさ、野菜の盛りはともに平均的

デロ麺好きは是非!

 

―21位―

赤羽店

f:id:Autumn322:20150508020216j:plain

訪店十数回

僕がラーメン二郎にハマったきっかけである赤羽店

乳化スープ・ゴロゴロ豚・デロデロ麺とクセが強いだけに好きな人はとことんハマる

赤羽店の名物である助手の松子さんから放たれる謎のプレッシャーにより店内には独特の緊張感が漂っているがそれも良さの1つである

夜営業は17時からであるが、すぐに麺が切れるため早めの訪問をおすすめする

 

―20位―

三田本店

f:id:Autumn322:20150508021713j:plain

訪店2回(昼の部)

言わずと知れた聖地三田本店

絶対にニンニクを入れろ

というのも、他店よりもスープとニンニクの相性が抜群なのである

さすが元祖、よくできているなと感心させられた 他のパーツも安定感がある

店内では総帥がせっせとラーメンを作っている様子を見ることができる

僕は総帥から丼を手渡された瞬間勝手に感動していたのを覚えている

まだ昼の部しか行けていないので、夜の部も含め今後も定期的に訪れたいところ

 

―19位―

湘南藤沢店

f:id:Autumn322:20160127175111j:plain

訪店1回

千住大橋店同様、スープに油膜が張っているためアツアツ

しかしながら味の濃さは対照的で、ヤサイと豚の甘みが溶け出してとても優しい感じ

ヤサイを食べてみるとやっぱり甘い 柔らかく茹でられていて美味

麺は柔らかめで、デロとモッチリの中間といったところ

豚はのの字で脂身トロットロ、最高

パンチには欠けるがバランスの取れた1杯です

 

―18位―

西台駅前店

f:id:Autumn322:20150508024445j:plain

訪店7回

神豚の西台

脂が厚い膜を張っているのにさっぱりしているスープやくたくた野菜も美味しいが、西台はなんといっても豚、アブラ、豚

絶妙な味付けのトロトロ豚とコールによって野菜の上から大量にかけられたアブラを麺とまとめて口に放り込むと身も心も豚になれて幸せに

交通の便がやや悪いが、この決してブレることのない神豚に会いに行く価値はある

「脂の多い豚少ない豚、どっちがいいですかー?」なんて訊かれるのはここだけ!

 

―17位―

小岩店

f:id:Autumn322:20151226161904j:plain

訪店1回

平日昼間にのみ営業している小岩店

スープは非乳化で、系列の中でもかなり薄い方

ヤサイは比較的シャキシャキめで非ッッッ常に美味しい

麺はモチモチ、豚はトロトロで文句のつけようがない

そんな小岩店だが僕が訪れた時は刻みニンニクがとてつもなく辛かった

せっかく薄口で飲みやすいスープだったが味が激変してしまったためこの順位に

 

―16位―

桜台駅前店

f:id:Autumn322:20150508023426j:plain

訪店3回

写真はキャベツの比率が高く非常に見栄えの美しいものが出て来た時のもの

スープは乳化気味でコクがあり美味しい

ヤサイや麺の茹で加減も最高

特に何かが目立つというわけではなく、全体的にハイバランス

生卵を注文しすきやき風にして食べるのもおすすめです

丼が大きく食べやすい点も○

 

―15位―

新小金井街道店

f:id:Autumn322:20150508022435j:plain

訪店3回

二郎野猿街道店の店主のご両親が経営しているという小金井店

そのため野猿街道店の影響を色濃く受けている

一部のジロリアンには多摩系と呼ばれる、乳化スープ・弾力のある麺・巨大な豚の三拍子が揃っている一杯

野猿街道店と比較するとわりとスープは薄めなため、これだけの力強さがありながら食べやすく仕上がっている

力強い二郎が食べたい!って時にはぜひ

 

~~ここからランクA~~

 ―14位―

中山駅前店

f:id:Autumn322:20160127174344j:plain

訪店2回

系列では珍しい細切りキャベツが比率多めで見栄えのいい中山店

ヤサイはシャキシャキめでキャベツの旨みを堪能できる

スープはかなりあっさりめながら、醤油の深みを感じられる 絶品

非乳化系の店の中では1番スープが美味いと感じた

麺は柔らかいクニュ麺 豚は平均的かな?

どれをとっても素晴らしいものでした

 

―13位―

京成大久保

f:id:Autumn322:20161121182151j:plain

訪店1回

とにかく醤油感の強い大久保店

しょっぱい印象を受けがちだが、スープの深みはかなりのもの

麺にも醤油味が染みているがこれは他店では見られないレベルのもので、モチモチじんわり口の中に旨みが広がる

案の定豚にもがっつり味が染みていて、驚くほどにトロトロ

全体的に味が濃いので人を選ぶが、僕個人としてはとても好みでした

 

―12位―

川越店

f:id:Autumn322:20170319185336j:plain

訪店1回

17年3月にオープンした川越店

ド乳化薄味の超マイルドなスープ・くたヤサイ・からめのニンニク・モチモチといい食感の麺など、関内店の影響を色濃く受けている

豚は関内と違ってのの字ではなくブロック、味付けも主張しすぎない程度の自然なもの

惜しいのは飲み水かな?

総じてハイレベルな1杯でした

待ち時間等は現時点では不明ですが、今や埼玉唯一の二郎となった川越店に期待を込めこの順位に

 

―11位―

横浜関内店

f:id:Autumn322:20160826003705j:plain

訪店3回

やや狭い印象を受ける関内店

スープの濃さは若干薄めで、脂分も多いのでかなりまろやかな味わい

対する麺にはしっかりと味が染み込んでいて、スープとの相性が非常に良い

ヤサイの茹で加減は硬すぎず柔らかすぎず、ニンニクは辛め

豚はのの字の大きいもので、甘い味付けがクセになる(ブレなし!)

とても美味いが行列の待ち時間、回転率を考慮しこの順位に

また、汁なしラーメンにニラキムチをトッピングしたものもとても美味しいのでおすすめです

 

―10位―

京急川崎

f:id:Autumn322:20160826003251j:plain

訪店4回

薄めのスープと野菜の相性が非常によく、さながら野菜スープを食べているかの様

麺や豚も自己主張することなくスープにうまく溶け込んでいて、とにかくマイルド

系列随一の優しい味に惚れ込む人も多い

店員がとても優しいことでも有名なので、その笑顔をぜひ見に行ってほしい

 

―9位―

 大宮店 ※16年11月をもって閉店

f:id:Autumn322:20150508012351j:plain

訪店4回

ヤサイコールで凄まじい盛り 受け皿を用意してくれる点が◎

写真はニンニクの代わりにショウガ(無料)をコールしたもの

とにかくヤサイとショウガが絶品で、見た目に反してとても軽いです

優しいスープにショウガが溶け込み身も心も温まる1杯

とても美味しかっただけに閉店が悔やまれます

 

 ―8位―

松戸駅前店(3代目)

f:id:Autumn322:20150907024502j:plain

訪店1回

15年8月にリニューアルした3代目

乳化気味のスープはひばりヶ丘店に似て非常にマイルド

柔らかい麺とくたくたヤサイはスープとマッチしていて非常に美味しい

豚は野猿街道店にも負けないほど大きく、それでいてトロトロ 文句なしの神豚

全体的にハイバランス、店を引き継いだばかりとは思えないほど完成度の高い一杯でした

 

―7位―

荻窪店(2代目)

f:id:Autumn322:20160117155005j:plain

訪店2回

元桜台店助手が引き継いだ2代目荻窪

ヤサイは桜台の影響か、硬すぎず柔らかすぎずのちょうどいい茹で加減

豚はやや大きめ、味が染みていて美味しい 平均ちょい上くらい

スープはド乳化でマイルド、比較的薄めで飲みやすい

そしてなんと言っても麺、モチモチで最高の出来 系列トップクラスの美味さ

各パーツとも文句のつけようがない、若手の力を見せつけるような1杯です

 

―6位―

めじろ台法政大学前店

f:id:Autumn322:20150508025350j:plain

訪店5回

野菜のめじろ台

特別キャベツが多いというわけではないが、口の中で圧倒的存在感を放つ野菜

シャキシャキとしていて甘みが広がる

3度目の訪店では生卵も注文してみたが、これまた違った食感が楽しめて面白い

麺は太めで食べごたえがある、豚は野猿や小金井にも劣らないレベルの巨大なもの

また、アブラをコールすると醤油味のついた黒アブラが出てきます 美味

都内ながらハッキリ言って交通は不便 、それでも行けば絶対に後悔させないレベルの美味しさです

 

~~ここからランクS~~

―5位―

亀戸店

f:id:Autumn322:20150929102108j:plain

訪店4回

写真はタマネギキムチ(¥100)と味玉(¥100)をトッピングしたもの

このキムチが最ッ高に美味い シャキシャキのヤサイと相性抜群

麺は標準的な太さのクニュ麺で食べやすい

スープは正統派醤油ラーメンといった感じだが、卓上にはいろいろな種類の調味料が置いてあるため味変が容易でもあった

トッピング含め非常に完成度が高くオススメできます

また、関内店同様汁なしラーメンもおすすめです

 

―4位― 

品川店

f:id:Autumn322:20150907235222j:plain

訪店5回

味は濃すぎず背脂もそれほど多くもないのでゴクゴク飲めてしまうようなスープが高評価

ヤサイはシャキシャキで、カラメをコールすればもうヤサイだけでも美味しい

麺は他店に比べて固めで、甘みと歯ごたえを楽しむことができた

豚は味が染みているもののかなり小さめ(系列最小レベル?)

各パーツがとても僕の好みでした

 

 

―3位―

環七一之江店

f:id:Autumn322:20160209205602j:plain

訪店2回

麺うっめえええええ!系列随一のプリプリ麺が最高の食感

ヤサイはシャキシャキで、もやし:キャベツ=6:4くらいにキャベツ多め しかもめっちゃ甘いです

スープは微乳化で油こそあるもののとてもマイルドで飲みやすい

豚はパッと見でパサの赤身かと思いきや、食べてみるとトロトロで感動

都心からは若干離れていますが、オススメです

 

 ―2位―

ひばりヶ丘駅前店

f:id:Autumn322:20150508030550j:plain

訪店8回

うますぎる それに尽きる

ヤサイはくたくた 麺は絶妙に柔らかい 豚はホロホロ

各パーツの質がとても高く、それでいて競合していない

"ラーメン"として完成されている究極の一杯

やはりスープの美味さが決め手か

あまりの美味しさに4日間で3回も訪れてしまった記憶がある

満点です(最近はブレがあるかも?)

 

 

 

 ―1位―

野猿街道店2

f:id:Autumn322:20150508032015j:plain

訪店100回以上

ヤサイ、ブタ、暴力!

今まで食べてきた二郎の中でもダントツの破壊力を持つ野猿街道店が個人的1位

ド乳化PAPPスープ、弾力と小麦の強い麺、コールによって極端に量の変わるニンニク、これでもかと言わんばかりに盛られた野菜、こぶし大ほどもある豚の塊が2つ

すべてがパワフルで胃にガツンと来るが、それも苦にならないほど味がしっかりしていて非常に美味しい

これにハマると他の店舗では物足りなくなってしまう者も(僕)

初心者向けのプチ二郎もあるので自信がない人でも美味しく食べられますよ

 

問題はその不便すぎる立地である 平日にふらっと訪れられないのが難点

日曜や祝日を利用してぜひ1度は食べに行ってみてほしい

回転率も系列トップクラスで一見の価値あり

 

 

 

といった感じで2017年3月現在の暫定のランキングでした

ただ野猿の宣伝がしたかっただけかもしれない

2016年ラーメンまとめ

明けましておめでとうございます

早いものでもう2017年です

2016年の初めに、「今年はいっぱいラーメンを食べて、それを全部写真に収める」という目標を立てていましたので、短くですがその結果をまとめておきます

 

・食べたラーメンの写真一覧

f:id:Autumn322:20170101222403j:plain

f:id:Autumn322:20170101222433j:plain

 

・結果

 ラーメン98杯(うち二郎37杯、自作二郎1杯、鍋二郎1回)

 

・雑感

 言うほどじゃないという感じの数字ですね

 金欠と戦いながらもよく食べた方という気がします

 二郎も10日に1回ペース、ランキングとかいうたいそうな記事を書いてはいますがこの程度です

 量より質という訳ではありませんが、今年も大変美味しいラーメンをこれだけ食べられたことに感謝しています

 いつまでこんな食生活が許されるかもわからない歳になってきました

 食べたいものを食べられるうちに!今年もたくさんラーメンを食べられるといいですね

 

それではまた

皆さん今年も良きラーメンライフを

 

                              2017年 元日

オススメの海外のロックバンド

こんにちは

昨日6月9日はロックの日だったそうで、今回は普段とちょっと方向性の違う記事を書いてみようと思います

ジャンルとしては、ハードロック・ポップパンク・メロコア・エモ・スクリーモあたりになると思います

僕は普段オタクソングしか聴いてないわけではないんですよ

 

それでは適当にバンド名と動画を貼っていきますね(アルファベット順)

それぞれ1番好きな曲というよりは、知名度が高めの曲を選んでます

あと、海外のバンドのMVは意味不明だったり気味が悪いものが多かったりしますのでその辺よろしくお願いします

 

All Time Low

 

Boys Like Girls

 

Hoobastank

 昔スーパードライのCMに使われてました 僕の1番好きなバンドです

 

Linkin Park

有名だと思います

 

My Chemical Romance

惜しくも2013年の僕の誕生日に解散してしまいました 本当に好きでした

 

Nickelback

個人的にバスドラムのチューニングが好きなバンド

 

Offspring

フラッシュ世代なら絶対耳にしたことがあるアレです

 

 Rise Against

僕がトップクラスに好きなバンド

 

Saosin

 エモい(オタクの言うエモいではない)

 

Silverstein

重厚なサウンドと熱いスクリーム

 

Simple Plan

ポップパンクなら間違いなく1番好きです

 

Skillet

力強さが売り

 

Story Of The Year 

こちらもスクリームを使用するバンド

 

Sum41

これも有名ですね

 

Tonight Alive

実は少なくない女性ボーカルバンドのうちのひとつ

 

Trust Company

 

Yellowcard

メンバーにバイオリニストが在籍する珍しいバンド

 

Zebrahead

日本でも絶大な人気を誇るZebrahead ラップがかっこいいですよね

 

 

ざっとこんな感じの曲をよくきいてます

メタルも聴くんですが今回はロックということで

 

少しでも気に入ってもらえたら嬉しいですね

【1/17】ラーメン二郎荻窪店、リニューアル初日

※ラーメンのレビューが見たい方は下のほうまで読み飛ばしてください

 

遅ればせながら、明けましておめでとうございます

2016年の二郎初めをひばりヶ丘店にて済ませた僕です

この度1月17日に荻窪店がリニューアルするということで初日に行ってまいりましたというレポです

荻窪店は長らく休業していましたが、今回は新たに桜台店の元助手さんが店主となり営業を開始することになったそうです

 

ということで1月16日の夜になりました

僕は元々始発で荻窪に向かう予定でしたが、Twitter「もう並びが出始めている」というツイートを見、居ても立ってもいられず夜中に家を飛び出しました

二郎のために徹夜で並ぶ…そんなことは初めてでしたが、始発で行って食べられないのでは困りますので

 

日付が変わって1月17日0時30分、荻窪二郎到着

既に10人ほどの待ちが出ていました ビル風がありとても寒いですがとりあえず列に参加、ここから整理券配布を待つこととなりました(画像は深夜2時頃の様子)

f:id:Autumn322:20160117153709j:plain

いやもう寒いの一言に尽きます 特にこれといった事もなく、ただただ時間がすぎるのを待ちました

 

そんなこんなで朝の5時30分、ようやく整理券が配布されました

f:id:Autumn322:20160117153911j:plain

僕は11番、ギリギリサードロットかな?といったところ

集合は8時15分

今回は5時半の段階で待ちが150人ほどになってしまったため、予定より早く営業を開始する算段のよう

 

適当に時間を潰し8時頃再び二郎へ

本来ならオープンの頃合いなのですが、三田のオヤジさんが到着していないため待つことに

 

しばらくしてオヤジさん到着、初日恒例行事なのかな?オヤジさんがいろんな格好をして出てくるので皆こぞって写真撮影 今日も元気そうです

f:id:Autumn322:20160117154402j:plain

 

少し間が空いて時刻は午前9時30分、スタッフの乾杯も終わりようやくオープン

店内はとてもキレイです 席は初日だからか12席ありました(とても窮屈)

1ロット5~6人前ほどで、僕はどうやらセカンドっぽい

 

まもなく着丼、対面です

f:id:Autumn322:20160117155005j:plain

来ました 小ニンニクヤサイカラメです

ニンニクのいい匂いがしますね スープは見ての通りド乳化

f:id:Autumn322:20160117155201j:plain

脂っこさはありますが味の濃さは系列平均より薄め

かなりマイルドで飲みやすいです

豚は初日だからかな?3枚入ってました

どれも大きくて味が染みてる 赤身ながらも噛み切りやすいものでした

 

ヤサイは若干くた寄りの中間といった感じです

元桜台助手ということもあって、茹で加減は桜台に近いかも

 

ニンニクはかなり細かく刻んであり割りとからいです 途中で混ぜるといい感じ

 

そして特筆すべきは麺でした

f:id:Autumn322:20160117155738j:plain

これがモチモチモッチモチしててウッメエの

二郎基準で見れば太麺というわけでもないのにモチモチしてていい歯ごたえ

デロってるわけでもなくとても美味しい

今まで食べた細麺系二郎の中で1番麺が美味いかもと思いました

系統で言えば品川店のそれに近いです

 

そんなこんなであっという間に完食

これホントに初日かよと思うほど完成度の高い1杯でしたね

 

と、2代目荻窪二郎初日はこんな感じでした

長時間並んだ甲斐がありましたが、冬季の徹夜は予想以上に厳しく僕みたいな初心者にはけっこうキツかったです

どんなに苦しい思いをしても二郎1杯食べるだけで元気になるんだから怖いものですね

皆さんもぜひリニューアルした荻窪店に行ってみてください、オススメです

【インターネット大会】クリスマス・トライ使用構築

お久しぶりです 禁二郎生活2ヶ月目の僕です

今回はポケモンのインターネット大会であるクリスマストライに参加したので感想をつらつら書いていこうと思います

僕はインターネット大会の参加は初めてだったのですが、トリプルバトルということで割りと気合入れて組みました

 

とりあえず使用したパーティ

f:id:Autumn322:20151213231258j:plain

 

見ての通り霰トリルですが組もうと思った理由として、

・リザ晴れパ飽きた

・優秀な駒が生き残っているのでトリルが使いたい

バクーダミラーが嫌なのでバクーダ×

そもそもクリスマスなんだから雪降らせや

といった感じでメガノオー軸に決めました

 

 

―個別解説―

f:id:Autumn322:20151213232423g:plain

ユキノオー@ユキノオナイト 冷静HC

言わずもがなこのパーティの軸となるアタッカー

ニンフィアがいない環境で高火力の必中全体特殊技は偉い

流行ると想定したサーナイト入り雨に強く、クリプルでは等倍範囲も広いため吹雪ぶっぱで一気に詰めに入れる優秀な子でした

個人的には水ロトム耐性が輝いていたと思います あとつぶてつよい

 

f:id:Autumn322:20151213233120g:plain

ブルンゲル@メンタルハーブ 冷静HC

ノオーのお供でお馴染みのトリルブルン

何食らってもだいたい耐えるため初手に投げてトリルを展開してくれます

潮吹きの火力がアレだけどシャドボはまあまあ強かった

技はこれでいいけど持ち物は絶対にオボンが良かった 何度もそう思った

後述のニャオニクスのサポートもあって使用感はまずまずでした

 

f:id:Autumn322:20151213233818g:plain

バンギラス@とつげきチョッキ 意地っ張りHA

今回のオシャレ枠であるところの緊張感バンギ

リザアロー重いからバンギ入れたい→砂が邪魔だな→緊張感にすればダクホともシナジーあって強そう

頭悪そうに見えますが、その種族値でパーティを支えてくれた駒です

晴れパや相手のバンギラス、非トリル下でのバクーダへきっちり遂行してくれた

砂が無い分はチョッキでカバーしようということで持たせましたが、耐久過剰だったのでヨプ持たせてもよかったかも

相手のバンギの砂のおかげでD耐久がバケモノ!すごい!

3日目に緊張感バンギミラーが起きた時は、フィールドに緊張感というより気まずさが漂っていたというお話

 

f:id:Autumn322:20151213234703g:plain

ファイアロー@こだわりハチマキ 意地っ張りHA(S個体値0)

誰がどう見ても通りがヤバ過ぎるブレバ鳥

封印サーナイトを縛るためにハチマキを装備し、トリル下で相手のアローに先制するためSを下げた

勇敢では非トリル下で相手のキリキザンに先手を取れないためこのようなSラインとなった

やはり仕事量はパーティ内随一で甘えた耐久を許さない

とんぼがえりのところはファスガでよかったと思う

 

f:id:Autumn322:20151213235606g:plain

 

ニャオニクス@オボンのみ 穏やかHD

他のパーティからの流用個体

技は悩んだがワイドガード持ちが少ないと予想し横取りではなく手助けを採用

あまごいはトリル下でノオーとリザYが同時にメガシンカする場合や、相手のバンギラスを腐らせる、ノオー不在時のブルンの火力補助など非常に重宝した

出せば絶対に仕事をするが、ズルズキンのはたき耐えまでBに振るべきだったか

持ち物はナモにしてブルンにオボンを渡すべきだった

こいつだけ色おかしい

 

f:id:Autumn322:20151214000317g:plain

ドーブル@こだわりスカーフ 陽気BS

実は使うのが初めてなダクホドーブル

使い方は散々見てきたので扱いはなんとか

スカーフ猫がどれだけ強いか改めて実感しました

パーティパワーが強いためダクホ外しもなんとか許せた

ニャオと合わせて相手に大量の択を押し付けるのが楽しかったです

今回1番強かったのはこいつで間違いない

 

 

―最終結果―

23勝7敗でレート1725くらい(84位)

 

―感想―

当初想定していたよりもずっとバクーダトリパが少なく、リザバンギサナ軸のスタンパが多いように感じた

そのため霰トリパでも十分戦っていけたが、唯一手も足も出なかったポケモンがいた…

そうそれは

f:id:Autumn322:20151214003226g:plain

クリプル界のワイガクレセリアことレジギガス

アローや全体技では削り切れないその耐久と、トリル下で速く動けるスロースタート

僕のパーティに刺さるドレインパンチできっちり5ターン生存してくる

忘れた頃にはワイガ打ってくるしでパーティが崩壊(7敗中3敗)

完全に対策を切っていた、というか仲間づくりや悩みの種役を止めればなんとかなると思っていた僕の認識ミス

ギガスに完封されるようじゃ高レートは目指せませんよそりゃこの結果も納得

 

あとは予想以上にズルズキンが多く動きづらい局面が多かった

敗因はほぼレジギガス・ズキン・バンギの格闘技によるもので、環境を予想しきれなかったのが悔やまれます

目標であったレート1700は達成できたものの、もう少し上も狙えたかなというのがインターネット大会なんだと痛感しました

 

とはいえ、普段のトリプルでは絶対に見られない並びや技も多くクリプル自体はとても面白かったです

またトリプルバトルのインターネット大会があれば参加したいですね

【マルチバトル】三天候デデドン構築【突発大会優勝】

お久しぶりです

この度、僕の所属する中ポケは夏合宿で箱根に行ってまいりました

普通に箱根観光して、夜は普通に酒飲んで騒いで、最後は普通に二郎食って帰ってきて、とても楽しい3日間でした

合宿の内容については特には書かないでおくことにします(本当に楽しかったが故に)

 

今回の記事は、合宿中に行われた3つの大会のうち、僕が優勝できた小規模マルチバトル大会についてです(技私怨杯とトリプル大会は負けました)

 

僕は普段からマルチバトルで変なポケモン使うのが好きなので今回もふざけるかーと思っていたのですが、優勝したペアには何やら景品が出るという情報が出ました

それならいっちょ頑張りますかーといった感じで、酒を飲みながら参加人数10人ほどのマルチ大会が始まりました

 

まずはペア決め、クジか何かで決めたと思うんですが、僕はみつてる君とペアになりました

次にパーティ構築、僕は珍しくガチで組もうと考えます

そこでまず軸として頭に浮かんだ2体

f:id:Autumn322:20150903011658p:plainf:id:Autumn322:20150115174108p:plain

次にダブルで強そうなポケモンを入れます

f:id:Autumn322:20150115174042p:plainf:id:Autumn322:20150115172155p:plainf:id:Autumn322:20150720234344p:plain

ここまで決めておいて今更ですが、マルチバトルなので相方の使用ポケモンも気にかけないといけません

相方のみつてる君が、普段トノスターや霰トリルなどを好んで使用していることを僕は知っています

そこで最後の1体に決めたのは

f:id:Autumn322:20150903012309p:plain

ピングドラです こうして僕の使用する6体は2分ほどで決まりました

 

そうして始まりましたマルチ大会1戦目

補足として、今回のマルチ大会では中ポケ暗黙の了解として「相方との相談なし・相方のポケモンの技を見るのもなし」というルールで行われました

参加者はここで初めて相方のポケモンを知ることになります

 

僕の使用ポケモン

f:id:Autumn322:20150903011658p:plainf:id:Autumn322:20150720234105p:plainf:id:Autumn322:20150115174042p:plainf:id:Autumn322:20150720234117p:plainf:id:Autumn322:20150720234344p:plainf:id:Autumn322:20150903012309p:plain

みつてる君の使用ポケモン

f:id:Autumn322:20150903013254p:plainf:id:Autumn322:20150903013328p:plainf:id:Autumn322:20150903013443p:plainf:id:Autumn322:20150903013529p:plainf:id:Autumn322:20150903013538p:plainf:id:Autumn322:20150903013547p:plain

 

完 全 勝 利

 

トノグドラスター成立です 以下試合の流れ

 

1回戦は初手にトノグドラを並べて対面を撃破、その後メガフーディンにすいすいをトレースされるもユキノオーがあられに張替えふぶきを連打、最後はグドラとオニゴーリのシングルバトルになりましたが運ゲーで勝ちました

 

2回戦は相手に雨が刺さらなそうだったので僕は追い風サンダーリザゴリラを選出します

みつてる君は初手にまさかのデデンネを投下

ここに来て2人は雨の裏にデデドン構築も成立していたことに気が付きます

ひたすら麻痺を撒きながら敵味方かまわず特性をプラスにしていくその様はまさに絶望

デデンネくんまさかの大活躍により快勝、決勝へ進みます

 

決勝戦、相手のパーティに対して晴れも雨も微妙だったので僕はあまごいを覚えたサンダーとリザグドラとかいう頭の悪い選出をします

相手の初手は†ボルトクレッフィ†とかいうなんともヤバげな並び

案の定いばるによるクソゲーを仕掛けられますがそこは流石のSANDARくん、ドイツ語ROMをドブに捨てるようなダサさのNNから凄まじい自覚を見せつけます

結局、SANDARくんが自傷もせずちいさくなるピクシーに10万を当て続けた挙句麻痺まで引いて、1体で相手のパーティを崩壊させました

 

こうして僕達は決勝戦で勝利を収めました

参加人数がいくら少なくても、参加者のほとんどが酔っていても、優勝は優勝です

景品としてポケラボ限定のキーホルダーをもらいました、ありがとうございます

 

マルチバトル以外の大会では全然勝てませんでしたがどれも楽しめたと思います

なによりトリプル大会の参加人数が予想よりも多くて、僕としてはそれが1番嬉しかった

今後もまた何か面白いルールの大会を開いてください、是非参加します

 

合宿、お疲れ様でした

【トリプルバトル】スタンパについて【ORAS】

お久しぶりです オータムです

 

いきなりですが、僕が所属する中央大学ポケモンだいすきクラブは無事にPCL予選関東Bリーグを突破し、全国リーグへの出場が決定しました ホッとしましたね

しばらくポケモンに関しての記事は書いていませんでしたが、ここらで少し僕のトリプルについての考え方を文章にしておこうと思います(主に身内向け)

と言っても僕自身最高トリプルレートは1800ちょっとといったところなので、当たり前のこと言ってるだけじゃんと思われる方もいると思います ご容赦ください

 

今回書きたいのは、トリプルにおけるスタンダードパーティ、いわゆるスタンパについてです

Q.スタンパって何?

A.こんなやつらで構成されるパーティ

f:id:Autumn322:20150720234055p:plainf:id:Autumn322:20150720234101p:plainf:id:Autumn322:20150720234105p:plainf:id:Autumn322:20150720234117p:plainf:id:Autumn322:20150720234122p:plainf:id:Autumn322:20150720234124p:plainf:id:Autumn322:20150720234128p:plainf:id:Autumn322:20150720234131p:plainf:id:Autumn322:20150720234259p:plain

f:id:Autumn322:20150720234302p:plainf:id:Autumn322:20150720234756p:plainf:id:Autumn322:20150720234306p:plainf:id:Autumn322:20150720234135p:plainf:id:Autumn322:20150720234312p:plainf:id:Autumn322:20150720234315p:plainf:id:Autumn322:20150720234320p:plainf:id:Autumn322:20150720234344p:plainf:id:Autumn322:20150720234352p:plain

要するに、目立ったギミックを必要とせずどんなパーティにも比較的安定して立ち回れるパーティのこと

 

構築そのものに関しては「トリプル 構築」で検索をかければ僕より強い人達のブログがいっぱい出てくるのでそちらを見たほうが参考になるかと思います

なので僕はスタンパを組む時に考えなければいけないことなどについて適当に殴り書きしていこうと思います

 

スタンパを組む時に考える事、求められていること

 

1.最低限必要な要素

 いろいろなブログで書かれていることですが僕が特に必要だと思っているのは

 S操作・威嚇・猫騙し・ワイドガードを覚えるポケモン

 この4つです 前3つは言わずもがなですが、ワイドガードに関しては必ずしも覚えさせておく必要はないと思います 覚えているかも?と相手に思わせることが何より重要

 その他メジャーなギミックへの対策は適宜

 

2.自分のパーティが前のめりかどうか

 これは結構抽象的な表現になりますが、パーティが攻撃的であるか受け回し重視であるかということ

 高火力で相手を潰すか、受け回しつつ競り勝つか、一口にスタンと言っても方向性が違います

 パーティ全員を見回してみればわかるとは思いますが、前のめりかどうかを決めるのは主に鋼枠と格闘枠ではないかと思います

 鋼枠で攻撃的なやつ:f:id:Autumn322:20150720234135p:plain 比較的受けを重視しているやつf:id:Autumn322:20150720234302p:plain 神:f:id:Autumn322:20150720234344p:plain

 格闘枠で攻撃的なやつ:f:id:Autumn322:20150720234128p:plainf:id:Autumn322:20150720235328p:plainf:id:Autumn322:20150720235332p:plain 受けを重視してるやつ:f:id:Autumn322:20150720234122p:plainf:id:Autumn322:20150720235435p:plain

 特にキリキザンギルガルドハリテヤマカポエラーなどは役割が別物で扱い方も全然違いますね

 自分が攻撃を重視しているのか受けを重視しているのか、それはハッキリさせておいたほうがいいです 基本的にスタンパ同士の試合は交代戦になりがちだからです

 

3.求められる攻撃力・耐久力

 上記を踏まえた上で、スタンパに求められているものは何か

 それはパーティ全員がそれなりの打点・耐性や耐久を持つことだと考えます

 これは僕が1番重視していることです

 もちろんクレセリアモロバレルといった受けに特化しているものはその限りではありませんが

 スタンパのエースはニンフィアになることが多いです

 ですがそのニンフィアが倒れた、あるいは場に出せない状況で火力不足になるのでは話になりません

 スタンパには明確なギミックがないため、もたもたしていると相手にしたいことをされ負けてしまうのです

 そのため、パーティを構成するポケモン1体1体に最低限の火力は持たせておいたほうが無難です

 耐久に関してですが、先程も言ったとおりスタンパは交代戦になりがちなので、こちらは何より重視しましょう 

 トリルパーティにトリックルームをはられてしまった時などは、なんとか4ターン受け回して耐えなければいけませんしね

 ファイアローキリキザンといった紙耐久の扱いは大切に

 

4-1.役割をハッキリさせる

 こちらはプレイングにも関わってくることですが、ポケモン1体1体の役割はハッキリさせておきましょう

 相手のあのポケモンはこいつで受ける・倒す、こいつはこのサポート技を打つことを優先させる、など

 例:ギルガルドに無理をさせすぎた結果相手のニンフィアが 止まらなくなった

   サンダーが追い風を打たず、スイクンを殴ったら相手に追い風を展開された

 こうなっては一瞬でパーティが崩壊しかねません ポケモンは採用する段階から役割をハッキリさせておきましょう

 

4-2.役割を増やしすぎない

 スタンパは1体落とされると途端に苦しくなることもあります

 1体の過労死を避けるために役割は増やしすぎない(=選択肢を増やし過ぎない)ようにしましょう

 例として、f:id:Autumn322:20150720234117p:plainサンダーを挙げてみます

 僕はトリプルバトルにおいて追い風サンダーにめざ氷は不要と考えています

 これに関しては賛否両論あると思いますが、Cにあまり振っていないサンダーではランドロスボーマンダを落とすことはできません

 ハッキリ言ってそんなもの打つだけ無駄なのです

 めざ氷は思考を鈍らせます 交代されてしまえばそこまでですから

 サンダーの採用理由がアタッカーではなく追い風役なら、その役割に集中させた方がいいと僕は考えます

 

といったように、僕がスタンパを考えるときは常に役割を意識しています

役割を狭めすぎず広げすぎず、どんなパーティにも柔軟に対応できるように6体でバランスをとっていきたいですね

そして、実戦では決めた役割にのっとった動きを

スカーフランドロスでとりあえずひるませるか~、なんてのは絶対やってはいけませんね

 

長くなってきたので今回はこの辺で終わりにしようと思います

スタン以外のパーティや、プレイングに関してはまた機会があれば書こうと思います